D3DPreprocessでプリプロセス

スクリプトやテキストデータを記述する際、Cプリプロセッサの機能があればかなり便利になります。しかし、それを実装するのは大変です。コンパイラ付属のプリプロセッサは入出力がファイルなので使い勝手がわるい。何かないか探していたところDirectxのシェーダコンパイラ関連の関数にD3DPreprocessというものを発見、使ってみる。

続きを読む D3DPreprocessでプリプロセス

ライトプリパスレンダリング Part3 アンチエイリアス

アンチエイリアス処理を行います。MSAAによるAAを試しましたがうまくいかなかったため、ポストプロセス処理のAAであるSMAA(Enhanced Subpixel Morphological Antialiasing)を実装してみました。かなりいい感じです。ただ、輪郭線処理との相性が悪いため輪郭線描画は無効にしています。
ライトプリパスレンダリングのプログラム作成は、ここで一旦終了します。

SMAA 1x
SMAA 1x

続きを読む ライトプリパスレンダリング Part3 アンチエイリアス