VisualStudio2013でDirectX11プログラミング

VisualStudio2013でDirectX11プログラミングをしてみる。必要なのはVisualStudio2013のインストールのみ!
使用するVSのバージョンは”Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop”。


VisualStudio2013のインストール

マイクロソフト公式ダウンロードセンターからダウンロード
VisualStudioのページからもダウンロードできるようです。

DirectX11 SDKのインストール

VisualStudio2013のインストール時にWindows SDK 8.1もインストールされる。DirectX SDKはWindows SDKに統合。

シェーダコンパイル

VisualStudio2013ではd3dcompiler_47.dllを使用。シェーダを実行時にコンパイルするプログラムを配布する場合、このDLLの再配布が必要。

VisualStudio2013でのC++11対応

VS2012で未対応だったTemplate AliasesとC#のようなメンバ変数初期化が使えるようになっています。他にもあると思いますが、この二つが使えるのはうれしい。


サンプルプログラム

DirectX11の初期化、画面クリアのみのプログラム
VisualStudio2013でDirectX11プログラミング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証:数字を入力してください(必須) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.