DirectXMathメモ 行列からオイラー角など

行列のかける順序やオイラー角への変換など、よく使う行列計算のメモ書き。

DirectXMathを使った行列計算

XMVectorATan2などの三角関数の計算があるけど、記述が複雑になるので標準ライブラリのatan2fなどを使用。
float(通常のレジスタ)とベクトル計算用レジスタの変換は効率が悪いので、すべての計算をXMVECTORとXMMATRIXだけで行えば効率がいい(たぶん、CPUによって違うかも)

おまけ 行列からオイラー角の計算テスト

乱数が怪しいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証:数字を入力してください(必須) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.