タグ別アーカイブ: VisualStudio2017

DirectX11アルファテストはどこへ? discard/clip命令とAlphaToCoverage

DirectX10以降、レンダリングステートからアルファテストがなくなり、シェーダーで同等(またはそれ以上)の処理が行えるようになっています。OpenGL3.0以降でもシェーダーで対応するようです。
シェーダーでアルファテストを行う方法、処理結果をまとめてみました。また、アルファテストを適用させた場所にも、アンチエリアス処理を行えるAlphaToCoverageという機能についても調べてみました。

AlphaToCoverageという機能は知っていたのですが、こんな便利な機能だとは知りませんでした……。

アルファテストとAlphaToCoverage

続きを読む DirectX11アルファテストはどこへ? discard/clip命令とAlphaToCoverage

DirectX11シェーダー入門

シェーダーを使いたい、勉強したいと思っても作成する環境が必要です。
なのでVisualStudio2017とDirectX11でシェーダーをコンパイルして実行結果の確認ができる最小限の環境を作成してみました。シェーダー入門とありますがシェーダーの書き方ではなく、シェーダーを書くまでに必要な設定などについての説明です。
ソースコードを公開していますので参考にしてください。

続きを読む DirectX11シェーダー入門