WordPressでソースコード表示

ソースコードを見やすくするにはhtmlのタグを使用する必要が、でもめんどくさい。
もしかしたらWordPressのプラグインがあるかも。ありました。
最初に見つけたのが「SyntaxHighlighter Evolved」
WordPressのプラグイン検索でインストールしようとすると、「現在のバージョンではテストされていません」1年以上更新なし、と注意が出たので他にもないか探したところ、「Crayon Syntax Highlighter」というものを発見、WordPress最新Verもテスト済み。
http://thikasa.net/20120724/wordpress-plugin-crayon-syntax-highlighter/
ここのブログを参考にして、使ってみることにしました。

WordPressの投稿編集画面で、crayonボタンを押すと、ソースコードの編集ダイアログが表示、そこにソースコードをコピペして表示設定を行うと、下のようにソースコードを表示してくれます。

2019/9/1
Crayon Syntax Highlighterは3年以上更新されていないようなので、利用を中断しています。

	UINT createDeviceFlags = 0;
#ifdef _DEBUG
	createDeviceFlags |= D3D11_CREATE_DEVICE_DEBUG;
#endif
	D3D_FEATURE_LEVEL featureLevels[] =
	{
		D3D_FEATURE_LEVEL_11_0,//DirectX11のみ 10以降は無視
	};
	ID3D11Device* device;
	ID3D11DeviceContext* dv_ctx;
	D3D_FEATURE_LEVEL feature_level;
	HRESULT hr
		= D3D11CreateDevice(NULL, D3D_DRIVER_TYPE_HARDWARE, NULL,
					createDeviceFlags,featureLevels, 1 ,D3D11_SDK_VERSION,
					&device, &feature_level, &dv_ctx);
	//デバイス作成に成功したらメッセージボックス表示
	if(SUCCEEDED(hr)){
		MessageBox(NULL, L"成功", L"DirectX11", MB_OK);
		
		dv_ctx->Release();
		device->Release();
	}

かなり便利です。

WordPress › Crayon Syntax Highlighter « WordPress Plugins

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証:数字を入力してください(必須) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.